EVENT

店長の独り言

WEAR EVENT 2018.01.13

image

「洋服も着物も一緒。同じ衣類の仲間。」

「あの~、着物って寒いんですか?!」
着物を着ていると、秋冬シーズンによく聞かれる質問だ。
私は、必ずこう答えている。
「いやぁ~、あんまり洋服と変わらない感じですかね。まあ、強いて言えば、外では足が寒いくらい(笑)」
そうなのだ。
「きもの=寒い・暑い」とかっていう、なぜかネガティブにイメージを持っている方が多い。
大抵の会話はここで終わってしまう。エレベータの中だったり、お手洗いに向かう途中だったり・・・で。
いやいやいや、でも、本当はもっと伝えたい。
「な~に言ってるんですか! そんな1日中外に居る訳じゃないんだから、寒いも暑いも関係ないんですよ!」って。
寒い日も暑い日も私は、ほとんど室内にいます。だって、ずっと外にいたら洋服でも着物でも、どっちでも寒いし、暑いんじゃないですか?(笑)
だから、別にきもので不自由はしない。
きもので、食事もお手洗いも電車も乗るし。なんなら、飛行機もきもので乗ったことありますよ! まあ、出来ないのは激しい運動くらいかな。さすがにきものでサッカーはやったことありません。
と、長くなったけど、このくらいは伝えたい。
別に、哀れな目で見られる必要もないし、気を使われる必要もないし、特別な待遇も期待してないし・・・ 洋服を着ている時と同じように私を取り扱いください。
そうなんです。「着物」って言うと、「特別感」がイメージを先行してしまっている。
「えっ、きもの? 何どこ行くの?」ではなく、日常に溶け込むような洋服を着ている人の中に浮かない感じできものを着ている人が居たっていいんじゃないかな。
だって、昔の日本人はそうだったんだし。
昔の日本のようになれ・・・とは言わないけど、着物もファッションの1つ。
ワードローブの1つ。
そうやって、少しずつ受け入れていける世の中にもしたいなぁ。
大丈夫、着付け意外とカンタン。
写真のきもの
・御召浮き織 109,000円+税
・角帯 23,000円+税
・羽織紐 13,000円+税
・薄羽織 79,000円+税
お仕立て代込み